ブランド・社名由来辞典TOP > ア行 >  > 「エステー」の由来

「エステー」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

東京都新宿区に本社を置く、日用品メーカーで、家庭向けの消臭剤や防虫剤などが主力商品となっており、衣料用防虫剤「ムシューダ」や芳香・消臭剤の「消臭力」「消臭ポット」等が有名。

1946年ににナフタリン防虫剤の製造を目的に設立された「エステー化学工業所」がその始まりで、1948年に法人化し、社名を 「エステー化学工業株式会社」に変更。

1982年に「エステー化学株式会社」に社名変更し、2007年に創業60周年を迎えたのを機に、これまでの経営理念を継承しつつ「“化学”にとらわれない」柔軟な発想を図り、常に新しいことにチャレンジしていく姿勢を示す為として、現在の 「エステー株式会社」に社名変更している。

「エステー」の由来は、「Service=奉仕」と「Trust=信頼」の頭文字を組み合わせた造語で、最高の商品を目指すと言う意味での「Super Top」の略でもある。

「エステー」ロゴマークの由来・意味

ひよこのキャラクターは、「元気さ」「さわやかさ」「誠実さ」「謙虚さ」を象徴すると共に「常に上を向いて歩く」という挑戦する企業の姿勢を表現している。

現在のロゴマークは、2007年に行われた社名変更に併せてリファインされたもので、シンボルマークの「ひよこ」に、「ここちよさ」を感じてもらう為に、ロゴタイプには柔らかいイメージのフォントを組み合わせている。

関連リンク

「エ」に含まれるその他のブランド・社名