ブランド・社名由来辞典TOP > ア行 >  > 「エースコック」の由来

「エースコック」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
大阪府吹田市に本社を置く食料品メーカー、エースコック株式会社の社名、ブランド名。

1948年に創業者である村岡慶二氏がパンの製造販売を行う「龍門パン製造所」がその始まりで、1954年にパンの製造販売からビスケット等の製造に転身し「梅新製菓株式会社」を設立。
1959年にビスケット工場の一角で即席麺の製造を開始し、同年「エースコックの即席ラーメン」を発売し、大ヒットとなった。

1960年に社名を「エース食品株式会社」に変更、1964年に現在の「エースコック株式会社」に社名変更している。

社名、ブランド名である「エースコック」の由来は、「料理の上手な優れた料理人(コックさん)」=「コックのエース」を言いかえて「エースコック」で、もともとは1959年に発売された即席ラーメンの商品名。

「エースコック」ロゴマークの由来・意味

2014年に会社設立60周年を迎え、2015年に刷新された。

ロゴタイプ(文字)は、従来のカタカナから世界の人々に愛されることを目指し、温かみある楕円のシルエットにチャーミングな丸いフォルムのスペルで英字表記に変更。

「e」を小文字にすることでエースコックらしい遊び心やオリジナリティを表現している。

ロゴと共に描かれているコック姿の子豚のキャラクターの名前はそのままズバリ「こぶた」で、1959年に即席ラーメンを発売した時に商標登録され、リファインされながら現在も利用されている。

古来、中国ではブタが多産であることから「円満と繁栄の象徴」とされており、ヨーロッパなど世界各地で幸福のシンボルとされていることから、こぶたのマークを商標としたとしている。

関連リンク

「エ」に含まれるその他のブランド・社名