ブランド・社名由来辞典TOP > カ行 >  > 「キョーリン」の由来

「キョーリン」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
東京都千代田区に本社を置く、医薬品メーカーの杏林製薬株式会社やスキンケア商品(トリニティライン)メーカーのドクタープログラム株式会社などを傘下に置く、キョーリン製薬ホールディングス株式会社のブランド名。

「キョーリン(杏林)」の由来は、中国の西晋・東晋時代の道教研究家・葛洪の著書「神仙伝」に登場する古代中国の医師・董奉(とうほう)に纏わる一節からで、「医師・董奉が、貧しい患者からは治療代を受け取らない代わりに杏の実を植えさせ、いつの日か実が樹となり林が出来た」という故事・伝説から「杏林」は、良医を表す語とされている事から名付けられた。

「キョーリン」ロゴマークの由来・意味

杏の実をハート型にした3本の曲線が人々の笑顔を表しており、併せて、患者、その家族、医療従事者の3者、また予防・治療・予後のキョーリンの目指す3つの核となるビジネスも表している。

マークに使用されているオレンジは誠実な温かさ、バイオレットは信頼を生み出す技術(力)、ライトグリーンはのびのびいきいきとした、豊かな創造性を表しており、ロゴタイプは、大文字と小文字を組み合わせる事で、親しみの中にも、新鮮さ、元気さ、動きのある書体としている。

関連リンク

「キ」に含まれるその他のブランド・社名