ブランド・社名由来辞典TOP > カ行 >  > 「キリン堂」の由来

「キリン堂」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
大阪府大阪市に本社を置くドラッグストアチェーンで、近畿圏を中心に全国327店舗(2014年2月15日現在)を展開している。

「未病」「医食同源」をテーマに、顧客一人ひとりに合わせたカウンセリング販売を実施しており、店頭での健康フェアなどを通じて、食生活や生活習慣の相談に対応し、適切なアドバイスを行うなど、地域に根差し、地域に愛される店舗を目指す事をコンセプトとした店舗展開を行っている。

「キリン堂」の由来は、中国神話に現れる伝説上の瑞獣である「麒麟」で、翼をもって天空を駆け上がる麒麟の勇壮な姿になぞらえ、「麒麟」のように天空を舞う勢いで発展してほしいという願いが込められている。

また、瑞獣は、優れた王者の時代に出現するとされるなど「吉兆」とされることから、人々に真の健康を提供することにより、瑞獣が現れるようなすばらしい世の中を実現したいという願いや優れた能力をもつ子供を神童=「麒麟児」と呼ぶ事から、医薬品業界の「麒麟児」として常に卓越した存在でありたいといった願いも込められている。

「キリン堂」ロゴマークの由来・意味

「人」という漢字や「あわせた手と手」、大地から沸き上がる「マグマ」をイメージしている。

人はひとりでは生きられない、支えあってこそはじめて実りある人生をまっとうできる、という人生の真理を示していると共に、手と手を合わせ、感謝の心...宇宙恩、衆生の恩、国家の恩、両親の恩に報謝する人間として幸福に生きるための基本を意味している。

また、「大地から湧き上がるマグマの力強いエネルギーのうねり」として、企業が力強く発展し、躍進し続けるのに必要なエネルギーを意味している。

関連リンク

「キ」に含まれるその他のブランド・社名