ブランド・社名由来辞典TOP > ナ行 >  > 「ナイキ」の由来

「ナイキ」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
アメリカ・オレゴン州に本社を置く、スニーカーやスポーツウェア等のスポーツ関連商品を取り扱うスポーツ用品ブランド。

1964年にスタンフォード大学の学生フィリップ・ナイトと、オレゴン大学で陸上コーチを勤めていたビル・バウワーマンがナイキの前身となるブルーリボンスポーツ(BRS)社を設立したのがその始まり。

創業当初は、日本からオニツカタイガー(現在のアシックス)のランニングシューズを輸入し、アメリカ国内で販売していたが、1972年よりスニーカーを自社生産を開始。
1979年に発売されたエアマックスがヒット商品となりトップブランドの仲間入りを果たした。

社名の由来は、社員の一人ジェフ・ジョンソンが夢で見た、ギリシャ神話に登場する勝利の女神「ニケ (Nike)」からで、ナイキは、「ニケ」の英語読み。

「ナイキ」ロゴマークの由来・意味

1971年に商標登録されたロゴマークで名称は、”ビューンと音をさせる”という意味の「スウッシュ (Swoosh) 」。

ポートランド州立大学でグラフィックデザインを選考していた学生のキャロライン・デビッドソンが制作したもので、躍動感やスピード感を表現しており、社名の由来ともなった女神ニケの翼をモチーフにしていると言われている。

ちなみ、キャロラインが請求した制作費は、わずか35ドルだった。

関連リンク

「ナ」に含まれるその他のブランド・社名