ブランド・社名由来辞典TOP > カ行 >  > 「小岩井乳業」の由来

「小岩井乳業」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

東京都中野区に本社を置く、キリンホールディングス傘下の牛乳や発酵乳、バター、チーズ等を中心とした乳製品の製造、販売を手掛けている食品メーカー。

1891年に、日本鉄道会社副社長の小野義眞氏と三菱社社長の岩崎彌之助氏、鉄道庁長官の井上勝氏が、岩手県岩手郡雫石町で創業した「小岩井農場」がその始まりで、1938年に自立した経営を行うべく、小岩井農牧株式会社が設立された。

1976年に小岩井農牧株式会社とキリンビール株式会社との合弁で「小岩井乳業株式会社」が設立され、小岩井農牧株式会社の乳業事業部門を引き継いでいる。

「小岩井」の由来は、創業者3氏の頭文字(小野・岩崎・井上)を組み合わせたもの。

「小岩井乳業」ロゴマークの由来・意味

1977年に導入されたもので、コンセプトは、「豊かな自然環境」「高品質で本格的な味」「伝統とそれに裏打ちされた信頼」。

手作り感のあるグラフィックを使いながらも、清潔感のあるモダンなデザインとなっている。

関連リンク

「コ」に含まれるその他のブランド・社名