ブランド・社名由来辞典TOP > ナ行 >  > 「日清食品」の由来

「日清食品」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
大阪府大阪市及び東京都新宿区に本社を置く、日清食品ホールディングス傘下の食品メーカーで、袋入りインスタントラーメン、カップラーメン、カップ焼きそばなどが主力商品となっている。

1948年に安藤百福氏が大阪府大津市で創業した「中交総社」がその始まりで、1949年に「サンシー殖産」に商号変更。
1958年に世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発売し、社名を現在の「日清食品」に社名変更している。

「日清食品」の由来は、「日々清らかに豊かな味をつくる」で、創業者・安藤百福の願いから名付けられた。

「日清食品」ロゴマークの由来・意味

名称は「リップマーク」。
「食」を楽しむ人の口元 (LIP:リップ)と「食」を通じて広がっていく笑顔、「食」にかかせない器を表現している。

関連リンク

「ニ」に含まれるその他のブランド・社名