ブランド・社名由来辞典TOP > ア行 >  > 「株式会社アシックス」の由来

「株式会社アシックス」の由来

ASICS ONLINE STORE アシックスオンラインストア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
兵庫県神戸市に本社を置く、競技用シューズを中心とするスポーツ用品メーカー。
アシックス(ASICS)のブランドで競技用シューズやスニーカー、スポーツウェアなどを製造、販売している。

1949年(昭和24年)に創業者である鬼塚喜八郎氏が神戸でバスケットシューズの製造販売を行う「鬼塚商会」を設立したのがその始まりで、その後数度の合併を繰り返し、1977年(昭和52年)にスポーツウェア・用具メーカーの株式会社ジィティオ及びスポーツウェアメーカーのジェレンク株式会社と合併し、社名を現在の株式会社アシックスに変更している。

社名の由来は、古代ローマ時代の風刺詩人、作家のデキムス・ユニウス・ユウェナリスの代表作である『風刺詩集(Satvrae)』の一節、「健全なる精神は健全なる身体に宿る」と訳された「Mens Sana in Corpore Sano」という言葉で、文頭の精神・才知を表す「Mens」を「Anima(生命)」に置き換え、その頭文字(A、S、I、C、S)を並べたもの。

この言葉自体がアシックス社の経営理念であり、「総合スポーツ用品メーカーとして世界のスポーツ文化に貢献する」「スポーツを通じて世界の人々が健康で幸福な生活を送って欲しい。また、私たちはそのお手伝いをしたい」という強い願いが込められている。

「株式会社アシックス」ロゴマークの由来・意味

アシックス(asics)のイニシャルである"a"をモチーフに、スポーツが持つ限りないスピード感や躍動感を表現し、同社の21世紀に拡がる無限の可能性を"宇宙"というイメージでシンボライズしていると共に、1つの基幹事業を軸に周辺事業も関連して発展する現象を表す経済用語「スパイラル(うず巻、らせん)」を表現している。

関連リンク

「ア」に含まれるその他のブランド・社名