ブランド・社名由来辞典TOP > ア行 >  > 「池田模範堂」の由来

「池田模範堂」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

富山県中新川郡上市町に本社を置く製薬会社、株式会社池田模範堂の社名で、かゆみ止め薬「ムヒ」の製造、販売を手掛けている事で有名。

1909年に池田嘉市郎氏が創業した家庭配置薬販売事業がその始まりで、1914年に商号を「池田模範堂」と名付け、1926年から看板商品である「ムヒ」の製造を開始している。
1931年に発売した白いクリーム状のムヒが大ヒットとなり、1948年に池田模範堂を株式会社(資本金50万円)に組織変更している。

「池田摸範堂」は、創業者一族の姓「池田」に「社会の模範となる会社になろう」という意味での「模範堂」を組み合わせたもので、初代社長池田嘉吉氏が「企業は社会の模範的な活動をしなければいけない、経営者も模範的な生活姿勢で社会に役立たなければならない」という考えから名付けたもの。

「池田模範堂」ロゴマークの由来・意味

ロゴマークの意味・由来については、ムヒの項をご参照下さい。

関連リンク

「イ」に含まれるその他のブランド・社名