ブランド・社名由来辞典TOP > タ行 >  > 「超熟」の由来

「超熟」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

愛知県名古屋市に本社を置く、Pasco(敷島製パン株式会社)が1998年から製造・販売を行っているパン関連商品のブランド名で、同社の主力ブランド。

国内食事用パン市場では、トップクラスのシェアを獲得しており、通常の食パンタイプの他、超熟山型や超熟ライ麦入り、超熟国産小麦等、全7タイプが販売されている。

極力シンプルな素材で小麦のもつ甘みや香りを最大限に引き出すことにこだわり、イーストフードや乳化剤を不使用としている。
口に入れたときサラッととける口どけのよいパンを目指す為、量産商品には不向きとされていた、小麦粉の一部を熱湯でこねる「湯種製法」が用いられている。

「超熟」の由来は、今までの技術を超えたという意味の「超」と、生地を長時間熟成させて作るという意味の「熟」の二文字を組み合わた造語。
平凡な基準線よりも上にあることを意味する漢字2字を使って、「これまでにない新しい食パン」であることを表現している。


「超熟」ロゴマークの由来・意味

筆文字のようなフォントを用いた漢字のロゴマークで、丁寧にパンをつくるイメージを視覚化したもの。

関連リンク

「チ」に含まれるその他のブランド・社名