ブランド・社名由来辞典TOP > サ行 >  > 「GMOペパボ」の由来

「GMOペパボ」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
東京都渋谷区に本社を置く、GMOインターネットグループ傘下でレンタルサーバーやブログサービス、ドメイン取得サービス等を中心にインターネット関連サービスを提供する企業。

20001年に創業者の家入一真氏が資本金30万円で設立した合資会社マダメ企画がその始まりで、2003年に有限会社paperboy&co.を出資金300万円で設立し事業継承。
2004年にGMO(現在のGMOインターネット)を対象とした第三者割当増資を行い、同社の連結子会社になると共に、株式会社paperboy&co.(ペーパーボーイアンドコー、paperboy&co., Inc.)へ組織変更。

2008年にジャスダックに上場し、2014年に現在の「GMOペパボ株式会社」へ商号変更している。

「GMOペパボ」の由来は、グループコーポレートブランドである「GMO」を冠名に旧社名「paperboy&co.」の略称「ペパボ」を繋げたもの。

グループの持つ認知度や信用力を最大限に活用し、成長を加速するために社名変更を行ったとしている。

尚、旧社名の「paperboy&co.(ペーパーボーイアンドコー)」は、創業者の家入一真氏が「新聞配達少年=paperboy」だった経験から「初心を忘れない」という意味を込めてつけられた物で、「おしゃれっぽいローマ字表記にし、ティファニーみたいに“&co.”を付けてみた」としている。

「GMOペパボ」ロゴマークの由来・意味

GMOペパボ株式会社が提供する様々な「サービスの土台にある安定感」や「もっとおもしろくできるという企業理念に即した遊び心」、「さらなる事業拡大を推し進めるシャープな印象」等を感じ取って貰いたいという思いから着想し、グループコーポレートブランドの「GMO」を冠名に付した「新しいペパボ」を表現している。

また、同社が提供する多彩なサービスに馴染みやすく安定感のある色を採用し、「インターネットで何かしたいと思った時にそばにある」、そんな会社でありたいという企業姿勢を示している。

関連リンク

「シ」に含まれるその他のブランド・社名