ブランド・社名由来辞典TOP > ア行 >  > 「オリックス(ORIX)」の由来

「オリックス(ORIX)」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
東京都港区に本社を置く、総合リース事業者で、リース、レンタカー、カードローンなどを手掛けており、グループで証券会社、保険、信託銀行などの幅広い金融業務を行っている。

1964年に日綿実業(現在の双日)と三和銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)が中心となって、日本初のリース会社として大阪市北区に設立された「オリエント・リース株式会社」がその始まりで、1989年に現在のオリックス株式会社に商号変更している。

「オリックス(ORIX)」の由来は、独創性を意味する「ORIGINAL」と柔軟性や多様性を象徴する「X(∞:無限大)」を組み合わせて生まれた造語で、「“たえず先見性をもち創造性を追及する”積極的な姿勢」と「グループの有機的な結合」という同社の企業理念を表している。

「オリックス(ORIX)」ロゴマークの由来・意味

斜めに走る複数のラインは同社のグループ会社を表現し、一つの目標に向かって結束して未来へ躍進する姿勢を表している。
また、線上にある球体は「地球」をイメージし国際的なグループ展開を表現している。

関連リンク

「オ」に含まれるその他のブランド・社名