ブランド・社名由来辞典TOP > ハ行 >  > 「ブルボン」の由来

「ブルボン」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
新潟県柏崎市に本社を置く大手お菓子メーカーで、いち早くビスケット製造のオートメーション化に取り組んだことから「ルマンド」や「ホワイトロリータ」、「エリーゼ」、「アルフォート」といったビスケット・クッキー類の製品に強みをもっている。

1924年に創業者である吉田吉造氏が設立した北日本製菓商会がその始まりで、同年に北日本製菓株式会社に改組し法人化。
1961年頃から「ブルボン」ブランドを使用し始め、1989年にブランド名と社名を統一し会社名を「株式会社ブルボン」に商号変更している。

「ブルボン」ブランドは、「洋風菓子らしい高級感のある商標を」と前社長の吉田高章氏が考案したものだが、「フランスのブルボン王朝をイメージした」「インスタントコーヒーを製造した際、生豆のブルボン種に因んで”ブルボンコーヒー”と命名して以来、他の製品にもこの名前が使われるようになった」など複数の説があるが、吉田氏がすでに故人となっており、正確な由来は不明となっている。

関連リンク

「フ」に含まれるその他のブランド・社名