ブランド・社名由来辞典TOP > ハ行 >  > 「プーマ(PUMA) 」の由来

「プーマ(PUMA) 」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
ドイツ、バイエルン州に本社を置く、スポーツ用品、スポーツウェアの製造販売を行う多国籍企業。

1920年にドイツ・ニュルンベルク近郊のヘルツォーゲンアウラッハで、靴職人の息子のルドルフ・ダスラー(兄)・アドルフ・ダスラーの兄弟が、靴の製造会社として「ダスラー兄弟商会」を設立したのが始まり。
1948年にルドルフとアドルフの意見対立により「ダスラー兄弟商会」を解消、ルドルフはルーダ社を設立し、翌年プーマ社に商号変更している。

「プーマ(PUMA)」の由来は、南アメリカ大陸のほぼ全域と北アメリカ大陸の広域に生息する大型肉食性哺乳類でアメリカライオン、クーガー、パンサー等とも呼ばれる「ピューマ(puma)」。

なお、弟のアドルフ・ダスラーは、「ダスラー兄弟商会」を解消後、アディダスを設立している。

「プーマ(PUMA) 」ロゴマークの由来・意味

ピューマが飛び跳ねる様子が描かれ、同社とその製品の、力強い野獣のような特性を表現している。

関連リンク

「フ」に含まれるその他のブランド・社名