ブランド・社名由来辞典TOP > ハ行 >  > 「富士フイルム」の由来

「富士フイルム」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
東京都港区に本社を置く、カメラ、デジタルカメラ、一般・エックス線写真・映画用フィルムから印画紙(プリント)、現像装置などに至る写真システムの一式のほか、化粧品(アスタリフトルナメア等)や健康食品の製造・販売を行っている企業で、写真フィルムの分野では国内トップシェア。

1936年に写真フィルムの国産化を目指して大日本セルロイド社(現材のダイセル)から写真フィルム事業を分社し「富士写真フイルム株式会社」として設立されたのがそのはじまりで、2006年に社名を「富士フイルムホールディングス株式会社」に変更し持株会社制に移行。
旧富士写真フイルムの事業を引き継ぐ事業会社「富士フイルム株式会社」が新設された。

社名「富士フイルム」の富士の由来は「富士山」で、東海道から見える富士山を社名に取り入れたいという初代社長淺野修一氏の思いと、フィルムの国産化への決意を込めて名付けられた。

「富士フイルム」ロゴマークの由来・意味

コーポレートブランドである「FUJIFILM」をシンプルに力強く打ち出すデザインで、ロゴ中央にエッジ感のあるデザインを施し、先進技術へのこだわりを表現した。
また、文字の一部に赤色を配し、変革にチャレンジする強い意志を表現している。

関連リンク

「フ」に含まれるその他のブランド・社名