ブランド・社名由来辞典TOP > ナ行 >  > 「ノエビア」の由来

「ノエビア」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
兵庫県神戸市に本社を置く、株式会社ノエビアホールディングス傘下の化粧品メーカー。
自然派化粧品の草分け的存在で、訪問販売や通信販売が中心。

1964年に創業者の大倉昊が航空機部品などの輸入販売を目的に設立したジェイ・エイチ・オークラ・エンド・コンパニーがその始まりで、1971年に薬草エキス配合の自然派化粧品の輸入、販売を開始。
1978年に商号を現在の株式会社ノエビアに変更し、日本国内での化粧品の製造、販売を本格化している。

「ノエビア」の由来は、スペイン語で恋人を意味する男性名詞「novio(ノビオ)」と女性名詞の「novia(ノビア)」を組み合わせて作られた造語で、「恋人たち」という意味を持たせている。

「ノエビア」ロゴマークの由来・意味

NOEVIR の「N」をモチーフとしたリボンで、 顧客やステークホルダーとの結びつきと、グループ各社の結束を表現 。
包み込むような曲線を描いて右上に伸びた先端に、「皆さまとともに未来に向って成長していきたい」という想いが込められている。

関連リンク

「ノ」に含まれるその他のブランド・社名