ブランド・社名由来辞典TOP > ラ行 >  > 「ロート製薬株式会社」の由来

「ロート製薬株式会社」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
大阪市生野区に本社をおく製薬会社で、胃腸薬や目薬をはじめとする一般用医薬品やスキンケア製品を主力としている。

1899年(明治32年)に創業者の山田安民氏が「信天堂山田安民薬房」として創業したのがその始まりで、1908年(明治41年)に 「ロート」を初めて商標登録。
1908年(明治41年)に「ロート目薬」を発売し、1931年(昭和6年)に薬瓶とスポイトを合体した「両口式点眼瓶」で販売したところ大ヒット商品となった。

「ロート」の由来は、大ヒット商品となった「ロート目薬」の処方を手掛けた、当時の眼科医界の権威、井上豊太郎博士がドイツ留学時代に師事した恩師、アウグスト・フォン・ロートムント博士の名前。

「ロート製薬株式会社」ロゴマークの由来・意味

ロート製薬の企業イメージや長期ビジョン、何よりも社員の働く姿勢をユーザーに対してより明確に伝えたい、ということから、「驚きと喜び」が一体となって誰にも伝わるデザインにこだわったもの。
ユーザーの期待に、驚きと喜びをもって応え続けていくという、強いメッセージが込められている。

関連リンク

「ロ」に含まれるその他のブランド・社名