ブランド・社名由来辞典TOP > カ行 >  > 「京王百貨店」の由来

「京王百貨店」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
東京都渋谷区に本社を置く、京王電鉄グループ傘下の百貨店。

1961年に京王帝都電鉄(現在の京王電鉄)の子会社として会社が設立され、1964年に1号店を開店。
現在は、新宿店、聖蹟桜ヶ丘店、ららぽーと新三郷店の3店舗。

京王百貨店の名は、親会社の京王電鉄から取ったものだが、”京王”という名称は、東と八子を結ぶ鉄道である事に由来している。

「京王百貨店」ロゴマークの由来・意味

「京王」の王の字を思い起こす王冠をかたどったマークには、顧客、取引先、従業員の”三者が手を取り合い共に発展を”という願いが込められている。
また、両親が子供を両側から大切に取り上げている姿や商品を中央に掲げている姿も連想され、「和と誠」の心の象徴としてデザインされている。

関連リンク

「ケ」に含まれるその他のブランド・社名