ブランド・社名由来辞典TOP > タ行 >  > 「ちふれ」の由来

「ちふれ」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

埼玉県川越市に本社を置く、化粧品メーカー「株式会社ちふれ化粧品」のブランド名で、スキンケアは無香料、無着色を基本としながら、流通経路の単純化、包装の簡素化等により、高品質低価格な製品作りを旨としている。

1947年に化粧品の製造・販売を目的に三菱石油株式会社の子会社として設立されたアゼリア薬品工業株式会社がその始まりで、1951年に三菱石油から独立し、東京実業株式会社に社名変更。
1959年に社長の島田松雄氏が日本化粧品工業連合会の欧米視察に参加した際に、欧米では化粧品が1ドルでも買える事に衝撃をうけ、1962年より「100円化粧品」の製造販売を開始。
1968年に日本最大の消費者団体「全国地域婦人団体連絡協議会」と提携し、「ちふれ化粧品」を発売、1991年に社名を現在の株式会社ちふれ化粧品にを改称している。

「ちふれ」の由来は、全国地域婦人団体連絡協議会の略称「地婦連(ちふれん)」で、同ブランドが同会との提携事業としてスタートしたことに由来している。

「ちふれ」ロゴマークの由来・意味

元参議院議員で、全国地域婦人団体連絡協議会の初代会長である山高しげり氏の直筆文字をロゴとして使用している。

関連リンク

「チ」に含まれるその他のブランド・社名