ブランド・社名由来辞典TOP > ナ行 >  > 「ナビスコ」の由来

「ナビスコ」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

アメリカ、ニュージャージー州に本社を置く、クラッカーやクッキーなどのビスケット類を主力とする食品メーカー、ナビスコ社のブランド名。  

1898年に既存のビスケット、クラッカーのメーカー3社が統合して誕生した「ナショナルビスケットカンパニー」がその始まりで、1901年に発売したウェハース商品「ナビスコ シュガー ウェハース」に初めて「ナビスコ」ブランドが登場している。

日本国内では、山崎製パンとニチメン(現在の双日)、ナビスコ社の3社によって設立された合弁企業「ヤマザキナビスコ株式会社」が、同ブランド製品の製造、販売を行っていたが、1988年にナビスコ社との合弁を解消。

2016年8月にはライセンス契約も終了となった為、同ブランド製品の国内製造は行なわれていない。

また、ライセンス契約終了にともない、ヤマザキナビスコ株式会社は、ヤマザキビスケット株式会社に社名変更しており、ナビスコとのライセンス契約外の製品については、同社が継続して製造、販売を行なっている。

 「ナビスコ」の由来は、旧社名「ナショナルビスケットカンパニー(Nation Biscuit Company)」の略。

「ナビスコ」ロゴマークの由来・意味

1899年にナビスコ社の創業者であるA.W.グリーン氏の提唱によって採用され、数度の修正は行われているものの、楕円とクロスのパターンは不変。
楕円とクロスのマークは、古来より「生命の創造」を意味しており、キリスト教の盛んな時代には、万物を支配する神のシンボルとして使われ、15世紀には印刷業者が自らの印刷所の商標として巻末などに印刷されるプリンターズマークとして利用されていたもの。

関連リンク

「ナ」に含まれるその他のブランド・社名