ブランド・社名由来辞典TOP > ア行 >  > 「オリコ」の由来

「オリコ」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

東京都千代田区に本社を置く、大手信販会社「株式会社オリエントコーポレーション」の愛称・ブランド名で、ショッピングクレジットやオートローン、クレジットカード事業などを行なっており、販売信用・オートローンは業界トップのシェアを持っている。

1954年にクーポン券販売を目的に創業した「協同組合広島クーポン」がその始まりで、1961年に広島信用販売株式会社(1967年に広島信販株式会社に商号変更)を設立。
1969年に協同組合広島クーポンの主業務を広島信販株式会社に営業譲渡し、クレジットカード発行業務を開始。
1974年に株式会社オリエントファイナンスと合併し、1989年に現在の株式会社オリエントコーポレーションに商号変更している。

オリコの由来は、社名「オリエントコーポレーション」を短縮した愛称。 社名の「オリエント」には、極東アジアを意味する「オリエント(Orient)」の語源となったラテン語「orīrī ent(昇りつつある(太陽)」から「日の出、目指す方向」という意味を持たせており、「コーポレーション」を「人材の集まり」意味づけている。
2つを組み合わせる事で、「理想の現実に向かって進む、活気と温かみのある人間集団にする」という、同社の決意を表している。

「オリコ」ロゴマークの由来・意味

オレンジと白を組み合わせた二重丸で、白い炎をO字型に発しているエネルギッシュな燃える太陽を表しており、白い炎の中から新しいものを生み出し、大きく育てていく事で、エネルギッシュに飛躍しようというオリコの企業姿勢の象徴している。

また、コーポレートカラーである「オリコオレンジ」で愛され信頼される人間が持つあたたかさと情熱を表しており、全体を通して「若々しい活力と飛躍、相互信頼そして温かみのある企業姿勢」を表現している。

関連リンク

「オ」に含まれるその他のブランド・社名