ブランド・社名由来辞典TOP > ア行 >  > 「オートバックス」の由来

「オートバックス」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
東京都江東区に本社を置く株式会社オートバックスセブン(Autobacs Seven Co., Ltd.)が運営するカー用品店最大手のチェーンで「オートバックス」や「スーパーオートバックス」を運営している。

1947年に大阪市福島区で、創業者の住野敏郎氏が自動車部品の卸売を目的として、個人経営の「末廣商会」を創業したのがその始まりで、1974年にオートバックス第1号店(東大阪店)を、大阪府大東市に開店している。

オートバックスは、日本初のカー用品総合専門店で、住野氏がアメリカで見たカー用品総合専門店を、日本でも実現できないか、という発想から生まれた。

店舗名の「オートバックス」は、同店舗の取扱商品の頭文字をとったものとしており、「お客様のカーライフを豊かにしたい」、「車のことならオートバックス」とドライバーに支持・信頼される綜合専門チェンになりたいという願いが込められている。

Appeal(アピール)
Unique(ユニーク)
Tire(タイヤ)
Oil(オイル)
Battery(バッテリー)
Accessory(アクセサリー)
Car electronics(カーエレクトロニクス)
Service(サービス)

また、社名のオートバックスセブンは、上記に加え「お客様の為に第七の商品を探し続ける」という意味で「セブン」が追加されている。

「オートバックス」ロゴマークの由来・意味

6本の直線はAUTOBACSのT.O.B.A.C.Sの意味とハイウェイ(高速道路)を表現したもので、ハイウェイの曲線はクルマ社会の先進国であるアメリカ合衆国を意識したもの。

また、コーポレートカラーである「オレンジ」と「ブラック」で形成され、オレンジは、「カリフォルニアオレンジ」をイメージし、アメリカの開拓精神(フロンティアスピリット)を表し、ブラックは、何者にも負けない強い意志力と信念をイメージしている。

関連リンク

「オ」に含まれるその他のブランド・社名