ブランド・社名由来辞典TOP > サ行 >  > 「サントリー」の由来

「サントリー」の由来

サントリーウエルネスオンライン
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
大阪市北区に本社を置く、洋酒、ビール、清涼飲料水、サプリメントなどの製造・販売等を行う総合企業グループ「サントリーホールディングス株式会社」のブランド名。

1899年(明治32年)に、創業者である鳥井信治郎氏が、ワインの製造販売を目的として鳥井商店を創業し、1921年(大正10年)12月1日に鳥井商店を母体として株式会社壽屋(寿屋)を設立したのが始まり。

サントリーというブランドは、1929年(昭和4年)に発売したウイスキーが「サントリー」と名付けられたのが最初で、当時販売していた赤玉ポートワインの「赤玉」を太陽(サン:SUN)に見立て、これに鳥井氏の姓をつなげて「SUN」「鳥井」、「サントリー」としたのが由来。

「サントリー」ロゴマークの由来・意味

現在使用されているロゴマークは、“サントリー”という企業の源泉ともいえる“水”をモチーフとし、地球の生命のエネルギーと喜びを表している。

文字の形は、絶え間なく動き、止まらず、育ち、成長していく水をイメージ。
色は、みずみずしい「ウォーターブルー」で、“常にフレッシュで自由で柔軟なサントリー”でありたいという思いが込められている。

関連リンク

「サ」に含まれるその他のブランド・社名