ブランド・社名由来辞典TOP > マ行 >  > 「マイクロソフト」の由来

「マイクロソフト」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
アメリカ、ワシントン州に本社を置く世界最大のコンピューター・ソフトウェア企業。
現在は、WindowsやOfiiceといったOSやソフトウェアの他、スマートフォン、タブレットPC、ゲーム機器等の製造販売も行っている。

マイクロソフトの由来は、同社が創業した1970年代後半は、小型のコンピューターを「マイクロコンピューター」と呼んでおり、そのマイクロコンピューター向けのソフトウェアを開発していたことから「マイクロコンピュータ+ソフトウェア」の組み合わせから作った造語。

「マイクロソフト」ロゴマークの由来・意味

シンボル(マーク)とロゴタイプ(社名)からなり、四つのカラーを正方形に配置したシンボルは多様な製品ポートフォリオを示している。
ロゴタイプには「Segoe」フォントを採用し、各製品やマーケティング資料にも同様のフォントを使用している。

関連リンク

「マ」に含まれるその他のブランド・社名