ブランド・社名由来辞典TOP > サ行 >  > 「株式会社ジーエス・ユアサ コーポレーション」の由来

「株式会社ジーエス・ユアサ コーポレーション」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
京都府京都市に本社を置く、自動車電池、産業用電池、燃料電池などの電池や大規模電源装置などを開発・製造・販売をしている企業。
2004年に行われた、日本電池株式会社と株式会社ユアサコーポレーションの経営統合により誕生した。

社名の「ジーエス(GS)」は、旧・日本電池のブランドで創業者の島津源蔵氏のイニシャルから。
「ユアサコーポレーション」は、旧・ユアサコーポレーションの創業者である湯淺七左衛門氏の名前から。

「株式会社ジーエス・ユアサ コーポレーション」ロゴマークの由来・意味

コーポレートカラーであるグリーンとオレンジの2色で構成されており、「グリーン」は”自然、みずみずしさ、落ち着き、成熟、高品位”を、「オレンジ」は”活動的、エネルギッシュ、ダイナミック、成長・発展”を意味している。
また、グリーンとオレンジの組み合わせは、緑の大地や木々に花が咲くように、美しくダイナミックに変化していく様子や成長をイメージしている。

Gを囲む円弧と、Yの先端から右肩上がりに伸びる直線は、同社を大きく包み込んで、未来へ引き上げていくことを意味するとともに、商品やサービスを通じて顧客との信頼関係を創造する同社の顧客志向・企業姿勢を表現。

ロゴマークを構成する円弧と直線は、「社会との協働と進化」や「遠心力と飛躍」、「加速していくスイング」をイメージし、企業理念である『革新と成長』を表しており、「社会とのつながりをより強くしていくために、私たちはお客さまとともに進化するエネルギーと、その遠心力をもってさらに大きく世界に飛躍しつづけたい」という願いも込められている。

関連リンク

「シ」に含まれるその他のブランド・社名