ブランド・社名由来辞典TOP > ア行 >  > 「江崎グリコ株式会社」の由来

「江崎グリコ株式会社」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
大阪市西淀川区に本社を置く菓子中心に製造販売を行っている食品メーカー。
チョコレート、スナック菓子、ガム、アイスクリームなどの菓子類が主な商品で、カレールーやレトルト食品、サプリメント等も販売している。

1922年(大正11年)に創業者である江崎利一氏がカキの煮汁からグリコーゲンを採取し、それをキャラメルの中に入れた栄養菓子「グリコ」を発売。
1927年(昭和2年)より、江崎利一氏の「子供の二大天職である”食べる””遊ぶ”を同時に満たす」という考えから、商品に「おまけ」を同梱したことで、大ヒットとなった。

社名の由来は、創業者の名字と最初の大ヒット商品「グリコ」をつなげたもので、「グリコ」は、グリコーゲンの略。

「江崎グリコ株式会社」ロゴマークの由来・意味

創立70周年を迎えた1992年に制定されたもので、社内はもとより、顧客や取引先をはじめ社会の全体に向けて、新しい商品や事業活動を通して、江崎グリコが生き生きと変わっていくことをアピールする意味が込められている。

関連リンク

「エ」に含まれるその他のブランド・社名