ブランド・社名由来辞典TOP > サ行 >  > 「資格の学校TAC」の由来

「資格の学校TAC」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
東京都千代田区に本社を置く、TAC株式会社が運営する資格取得専門予備校で、公認会計士・税理士・簿記検定・司法書士・建築士・社会保険労務士・宅建・行政書士・公務員・米国公認会計士・TOEIC・中小企業診断士など30以上の資格試験対策講座を開講しており、国内に48校(直営校23校、提携校15校)を展開している。

学習メディア(方法)は、教室・通信(Web、DVD、音声ダウンロード他)とバリエーション豊富で、受講者が都合にあわせて選択する事が出来る。

1980年に株式会社東京アカウンティングセンターを母体として、「東京アカウンティング学院株式会社」を設立。
1988年に社名を「タック株式会社」に変更し、2002年に現在のTAC株式会社に変更している。

「TAC(タック)」の由来は、母体となった東京アカウンティングセンター(Tokyo Accounting Center)の略称。

「資格の学校TAC」ロゴマークの由来・意味

上へ上へと「上昇する木」がデザインされており、突き上げられるように上へ向かっていく生命の勢いをイメージしている。
強い木は、強い根を張るように、「大きな夢を持ち、根を深く張ろう」という思いが込められている。
コーポレート・カラーは、「原初の生命の色」「これから成長するときの色」である赤。

関連リンク

「シ」に含まれるその他のブランド・社名