ブランド・社名由来辞典TOP > ア行 >  > 「EDION(エディオン)」の由来

「EDION(エディオン)」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
大阪市北区に本社を置く業界第2位の家電量販店チェーン。

かつては各地方の家電量販店を統合してきた歴史から、統合後もその地域に根付いた店舗ブランド(デオデオ、エイデン、石丸電気等)を使用する戦略を取ってきたが、エディオンの誕生10周年を機に直営店舗のブランドをエディオンへ統一することを発表した。

EDIONは、「Exciting Discovery In One Network」の略で、一つに結ばれたグループのネットワークから、顧客の感性を刺激する、感動ある発見を届けたいという思いが込められており、同社の考える家電販売業の理想の姿を社名としている。

「EDION(エディオン)」ロゴマークの由来・意味

コンセプトは「より豊かで快適な生活へ、エディオンでスイッチオン!」

「EDION」の中の「I」と「O」を組み合わせて家電製品の「スイッチ」をデザインし、同社で購入して貰った家電製品によって、豊かで快適な生活のスイッチを「オン」にして貰いたい、という意味が込められている。

また、ブランドカラーに使用しているブルーは「信頼感」を、オレンジはスイッチをオンにすることによって得られる「便利さ」「楽しさ」「未来感」を、それぞれ表現している。

関連リンク

「エ」に含まれるその他のブランド・社名