ブランド・社名由来辞典TOP > ア行 >  > 「NTTデータ」の由来

「NTTデータ」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
東京都江東区に本社を置く、NTTグループ傘下でデータ通信やシステム構築事業を手掛ける情報通信事業者。
情報サービス事業では業界最大手。

1966年に日本電電公社(現NTT)内に設立されたデータ通信本部がその始まりで、1985年の電電公社民営化を経て1988年にNTTデータ通信株式会社として分離独立。
1998年に現在の株式会社NTTデータに商号変更している。

「NTTデータ」の由来は、旧社名「NTTデータ通信」の略称・コーポブランドとして利用されていた「NTT DATA」で、創業10周年の節目に既に定着していたコーポレートブランドをそのまま社名に使用した。

「NTTデータ」ロゴマークの由来・意味

2012年から使用されている2代目となるロゴマークで、旧デザインの要素を継承しながらグローバルマーケットでの認知を獲得すべく、より力強く『NTT DATA』の名前を打ち出している。

関連リンク

「エ」に含まれるその他のブランド・社名