ブランド・社名由来辞典TOP > ア行 >  > 「NTTドコモ」の由来

「NTTドコモ」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
東京都千代田区に本社を置く、携帯電話をはじめとする無線通信サービスを提供する国内最大手の移動体通信事業者。

1968年に日本電信電話公社(現NTT)が開始したポケットベルサービスがその起源で、1985年に電電公社民営化後、1993年に分社化。
「NTTドコモ」ブランドでのサービスを開始している。

「ドコモ(docomo)」の名称は「Do Communications Over the Mobile Network(移動通信網で実現する、積極的で豊かなコミュニケーション)」の頭文字を取ったもので、いつでもどこでも、どんな場面でも顧客に満足して貰いたいという願いと決意が込められている。

「NTTドコモ」ロゴマークの由来・意味

小文字で「docomo」と表記するとともに、ダイナミックさや躍動感を感じさせる「ドコモレッド」を採用し、変革する企業スタンスを強く打ち出している。

また、ユーザーに新しいドコモのブランドイメージである「ヒューマンタッチ」、「未来感・明日」、「安心・信頼」と、これまで以上に親しみやすいブランドであることを感じ取って貰うとともに、これから変革していくドコモへの期待感を抱いて貰いたい、という想いを込められている。

関連リンク

「エ」に含まれるその他のブランド・社名