ブランド・社名由来辞典TOP > ヤ行 >  > 「UQ WiMAX」の由来

「UQ WiMAX」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
東京都港区に本社を置く無線データ通信事業を行う、KDDIグループ傘下のUQコミュニケーションズが提供するモバイルブロードバンド通信サービスのブランド名で、2013年8月現在の契約数は、4,260,800件。
通信速度は、下り最大40Mbps、上り最大15.4Mbps(共にシステム上の最大値)で、データ通信量による速度制限は実施していない。

BIGLOBE@nifty、So-net等のインターネットサービスプロバイダを始め様々な企業にWiMAXサービスのOEM供給も行っている。

2007年に、KDDI、インテル、JR東日本、京セラ、株式会社大和証券グループ本社及び三菱東京UFJ銀行の6社が共同で設立した「ワイヤレスブロードバンド企画株式会社」がその始まりで、2008年に現在のUQコミュニケーションズ株式会社に社名変更を行い、2009年より「UQ WiMAX」サービスを開始している。

「UQ WiMAX」の由来は、高品質(Universal Quality)とユビキタス(UbiQuitous)、悠久(UQ)で、世界標準規格の「モバイル WiMAX技術」を活用した普遍的かつ高品質(Universal Quality)なデータ通信インフラを提供し、いつでもどこでも接続可能な通信環境の構築をベースに、多様な企業との連結(U)を図ることでユビキタス(Ubiquitous)ネットワークの悠久(UQ)な発展に貢献していくという同社の企業姿勢を表現したもの。

尚、「WiMAX」は、無線通信技術の規格の名称で、「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略。

「UQ WiMAX」ロゴマークの由来・意味

「Universal Quality」という社名の由来から感じる「大らかなスケール感」や「揺るぎない信頼感」を表現したもので、大地の向こうから一歩踏み出してくる様にデザインされたマークは、同社がもたらす「新しい価値観」や「豊かさ」を表している。

コーポレートカラーは、あらゆる人・企業・ものと一緒に手を結び共に発展していくことができる「協調性」や「オープンな姿勢」を象徴したニュートラルなブルーで、安定した通信インフラにより、ユーザーやパートナー企業をはじめ社会全体を支え貢献することを目指す、同社の意志をシンプルにデザインしたマークとなっている。

関連リンク

「ユ」に含まれるその他のブランド・社名