ブランド・社名由来辞典TOP > ナ行 >  > 「@nifty(ニフティ株式会社)」の由来

「@nifty(ニフティ株式会社)」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
東京都新宿区に本社を置く、インターネットサービスプロバイダ(@nifty)をメインとする電気通信事業者。

日商岩井(現在の双日株式会社)と富士通の合弁会社として発足した株式会社エヌ・アイ・エフが母体となっており、設立当初はアメリカのパソコン通信会社「コンプサーブ(CompuServe)」と提携して「ニフティサーブ」という名称で国内最大手のパソコン通信サービスを展開していた。

社名の「ニフティ(NIFTY)」の由来は、設立時の社名「株式会社エヌ・アイ・エフ(Network Information Forumの略)」に接辞語の「ty」をつけて、英語の「かっこいい」「粋な」という意味を持たせたもの。

「@nifty(ニフティ株式会社)」ロゴマークの由来・意味

中心の球体は、日本の今、社会のための新しい場、そして日本文明をささえる社会生活メディア環境を表し、それを包み込む柔らかいフォルムは、永遠性を意味する無限(∞)と双方向コミュニケーションの拡がり、そしてNIFTYの("N")を表している。

関連リンク

「ニ」に含まれるその他のブランド・社名