ブランド・社名由来辞典TOP > ナ行 >  > 「nissen(株式会社ニッセン)」の由来

「nissen(株式会社ニッセン)」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
京都府に本社を置く、婦人服を中心とした衣料品やインテリア雑貨、和装品などを販売する大手インターネット・カタログ通信販売会社。

1970年(昭和45年)4月に株式会社日本捺染の商事部から分離する形で設立された「株式会社日本染芸」がその始まりで、本社及び秋田営業所でカタログによる呉服の販売を開始し、1974年(昭和49年)12月に株式会社ニッセンに社名変更。

2007年(平成19年)6月には、持株会社化し、株式会社ニッセンホールディングスに社名変更。
事業子会社として株式会社ニッセンを設立し、分社化している。

「ニッセン」の由来は、旧社名である「日本染芸」の略称「日染」をカタカナ表記にしたもの。

「nissen(株式会社ニッセン)」ロゴマークの由来・意味

ロゴタイプ末尾を「カンマ」としているのは、終止符である「ピリオド」と対比して、「ピリオドはない=終わりはない」というメッセージで、ニッセンの「進取の気風(慣習にとらわれず進んで新しい事をやろうとすること)」とたゆまぬ研鑽を通じてたえず進化を続けていく、という決意を表現している。

関連リンク

「ニ」に含まれるその他のブランド・社名