ブランド・社名由来辞典TOP > ハ行 >  > 「フレスタ」の由来

「フレスタ」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
広島県広島市に本社を置くスーパーマーケットチェーンで、広島県を中心に岡山県・山口県で全54店舗を展開しており、キャッチフレーズは、「ココロ、カラダに、スマイル。」

1887年に宗兼清兵衛氏が広島市横川で創業した菓子・煙草小売販売店「ムネカネ」がその始まりで、1951年に法人化し有限会社山城屋に改組、1960年に広島県内で最初のスーパーマーケットを開業。
1976年に株式会社ムネカネに商号変更し、1991年の設立40周年を機に現在の株式会社フレスタに社名変更している。

フレスタの由来は、創業の精神である「正直な商売」を実践することを目的に、同社の経営理念である「Fresh(新鮮な)」「 Friendly(親しまれる)」「Festa(祭り)」「Rest(憩い)」という4つの単語を組み合わせて作られた造語。

「フレスタ」ロゴマークの由来・意味

日本を代表するCIデザイナー細川光夫氏によって制作されたもので、味覚・視覚・嗅覚をイメージ化し、3つのモチーフを合わせると「おいしい顔」に見えるデザインとなっており、新鮮な食材と環境に優しい企業になりたいという思いが込められている。

関連リンク

「フ」に含まれるその他のブランド・社名