ブランド・社名由来辞典TOP > ア行 >  > 「あ・う・て」の由来

「あ・う・て」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
東京都港区に本社を置く、損害保険会社「au損害保険株式会社」の保険商品ブランドで、携帯電話、モバイルユーザーのライフスタイルに応じた”いつでも・どこでも・手軽に”利用出来るという新しいコンセプトで損害保険事業を展開している。

自転車用傷害保険やスポーツ・レジャー保険、海外旅行保険など比較的掛け金が安い低価格な保険商品を中心にラインナップしており、スマートフォンや携帯電話で契約手続等が行え、auユーザーであれば保険料を携帯電話の使用料と一緒に支払うことも出来る。

2010年に、あいおい損害保険(現在のあいおいニッセイ同和損害保険)とKDDIが共同で「モバイル損保設立準備株式会社」を設立し、2011年に現在のau損害保険株式会社に商号変更し営業を開始している。

「あ・う・て」は、2013年10月から開始した新しい商品ブランドで、保険を通じ顧客に感じて貰いたい「あんしん」を中心に同社が提供と実現を約束する「3つ」をワード「あんしん、うれしい、ていねい」の頭文字を綴ったもの。
また、今回の新ブランドへの切り替えには「au損害保険」という社名からauユーザー以外が利用出来ないとの先入観をもたれることが多かったため、それを避ける狙いもある。

「あ・う・て」ロゴマークの由来・意味

顧客に心(ハート)のこもったサービスで「あんしん」「うれしい」「ていねい」な保険商品を提供し続けるという意味を表しており、ロゴタイプ(文字)に使われているひらがなが漢字と比べて曲線の多い文字である事から、曲線を印象的に見せるためにハートをモチーフに印象に残る図形でデザインされている。

関連リンク

「ア」に含まれるその他のブランド・社名