ブランド・社名由来辞典TOP > カ行 >  > 「カワチ薬品」の由来

「カワチ薬品」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
栃木県小山市に本社を置く大手ドラッグストアチェーンで、ドラッグストアの業界平均(約150坪)を大きく上回る600~1000坪規模の郊外ロードサイド型店舗「メガ・ドラッグストア」を中心に、関東・東北・甲信越・静岡で216店舗を展開しており、医薬品の他、日用消耗品やインテリア雑貨、健康食品、化粧品、一般食品など生鮮食料品を除くほぼ全ての生活アイテムを取り扱っている。

企業理念は、「ファーマシー・モア ~Pharmacy(薬局)・More(それ以上)~」。

カワチ薬品の由来は、創業者河内良三郎氏の姓から。

「カワチ薬品」ロゴマークの由来・意味

若い社員が多く、エネルギーに溢れた会社であるため、色々なことにチャレンジする意味を込め、Challengeの「C」がモチーフとなっている。
また、出身業種が薬局であるため、「C」を人の横顔に見立て、人が口を開けて錠剤を呑んでいる形を表現しており、ロゴマーク全体を右肩上がりにデザインすることで、将来に向けて伸びていく様子をあらわしている。

関連リンク

「カ」に含まれるその他のブランド・社名