ブランド・社名由来辞典TOP > タ行 >  > 「テーブルマーク」の由来

「テーブルマーク」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
東京都中央区に本社を置く、JTグループ傘下の冷凍食品を主力とする食品メーカー「テーブルマーク株式会社」の社名・及びブランド名で、旧ブランド名「カトキチ」。

創業者の加藤義和氏の祖父である加藤吉次郎氏が営んでいた水産加工業の個人商店が母体となり、1956年に設立した加ト吉水産株式会社がその始まりで、エビの加工下請けを経て、冷凍エビフライの製造を開始。
※旧カトキチブランドの由来は、加藤吉次郎氏の名前からで、「加藤」と「吉」から屋号を「かときち」とした。

2008年に日本たばこ産業株式会社(JT)が実施した公開買い付けにより、同社の子会社となり、2010年に社名を現在のテーブルマーク株式会社に変更している。

社名・ブランド名「テーブルマーク」の由来は、「Table=食卓、食事、ごちそう、料理、テーブルを囲む人々」と「Mark=印、目印」を組み合わせたもの。

また、「Table=T+ablle」には、Traceability(トレーサビリティ:追跡可能性)/Taste(テイスト:味覚)/Trendy(トレンディ:流行の先端をゆく) をAble(エイブル:することができる)企業でありたいという思いが込められている。

「テーブルマーク」ロゴマークの由来・意味

Table: 食卓、食事、ごちそう、料理、テーブルを囲む人々
Mark: 印、目印

この2つの言葉をハーベスト・オレンジ・カラーのテーブルクロスにレイアウトすることで、「笑顔あふれる食卓に商品を提供する」という想いを表現している。

関連リンク

「テ」に含まれるその他のブランド・社名