ブランド・社名由来辞典TOP > タ行 >  > 「DHC(株式会社ディーエイチシー)」の由来

「DHC(株式会社ディーエイチシー)」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

東京都港区に本社を置く化粧品、サプリメント(健康食品)等の製造・販売を手掛けるの総合メーカーで通販美容・健康食品ジャンルでの売上額では、国内トップ。
化粧品・健康食品のほかに、医薬品、海洋深層水、アパレル等の製造販売、ホテル事業など幅広い事業展開を行なっている。

1972年に創業者で現会長(CEO)である吉田嘉明氏が大学の研究室を相手に洋書の翻訳委託業を目的とした「大学翻訳センター」を創業したのが、その始まりで、1975年に株式会社に改組。
1980年に化粧品の製造販売を開始し、1983年に通信販売事業を開始している。

「DHC(ディーエイチシー)」の由来は、創業当時の社名「大学翻訳センター(Daigaku Honyaku Center)」の略で、化粧品、サプリメントのメーカーとしてのイメージの強い同社ではあるが、現在でも翻訳・通訳事業を行なっており、常時1200名の登録翻訳者を擁している。

関連リンク

「テ」に含まれるその他のブランド・社名