ブランド・社名由来辞典TOP > タ行 >  > 「帝人株式会社」の由来

「帝人株式会社」の由来

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
大阪市中央区に本社を置く、日本の大手繊維事業者で、帝人グループの中核企業であり、事業持株会社。
繊維事業の他、複合材料、電子材料・化成品、ヘルスケア、繊維製品・流通、ITなど、多岐にわたる事業をグローバルに展開している。

1915年に秦逸三氏と久村清太氏が閉鎖中の製糸場を買取り設立した、東工業株式会社米沢人造絹糸製造所が前身となり、1918年に帝国人造絹絲株式会社を設立。
1966年に現在の帝人株式会社に商号変更している。

社名でありブランド名である「帝人(テイジン)」の由来は、旧社名である「造絹絲(ていこくじんぞうけんし)株式会社」の略称。

なお、人造絹絲(人造繭糸)とは、「レーヨン」のこと。

「帝人株式会社」ロゴマークの由来・意味

ブランドステートメントである、「Human Chemistry , Human Solutions」の実現に絶えず挑み続けるテイジングループの企業姿勢や先進性を表現しており、特に動きのある「J」の部分が、常に新たな価値を創造し、最適な姿へと変容していくテイジングループを象徴している。

ブランドカラーである「テイジン チャレンジング レッド」は、Human Chemistry , Human Solutionsの実現にチャレンジするテイジングループの強い「意志と情熱」を表現している。

関連リンク

「テ」に含まれるその他のブランド・社名