ブランド・社名由来辞典TOP > ハ行 >  > 「富士通」の由来

「富士通」の由来

富士通
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
富士通株式会社は、日本を代表する総合電気機器メーカーであり、世界有数の総合ITベンダー。

1935年に富士電機製造株式会社(現在の富士電機株式会社)の電話部所管業務を分離し、富士通信機製造株式会社として設立。
1938年に専用の新工場を建設、1965年に資本的にも独立し、1967年に商号を”富士通信機製造株式会社”の省略形で「富士通」と社名を変更した。

尚、かつての母体であった富士電機製造株式会社の社名は、同社が古河電気工業株式会社とドイツのシーメンス社との合弁で設立されている事に由来しており、「古河」の「フ」と、シーメンス社のドイツ語読みの「ジーメンス」の「ジ」をつなげて「フジ → 富士」と名付けられた。

「富士通」ロゴマークの由来・意味

FUJITSUの中央に位置する「j」「i」の上部のインフィニティマーク(無限大記号)は、「地球」と「太陽」をシンボライズ。
宇宙への拡がりと無限の可能性を表現している。
また、コーポレートカラーである「FUJITSUレッド(赤色)」により、チャレンジ、人間的、エキサイティングな企業を象徴している。

関連リンク

「フ」に含まれるその他のブランド・社名